Quick search
Advanced search in
Research outcomes
Field to searchTerm
Add rule
Filters (1)
The following results are related to COVID-19. Are you interested to view more results? Visit OpenAIRE - Explore.
Download Results
1,353 research outcomes, page 1 of 136
  • publication . Article . 2022
    Open Access Japanese
    Persistent Identifiers
    Publisher: JICA Ogata Sadako Research Institute for Peace and Development

    本レビューは、今後のJICA の都市開発分野の協力において、従来から提唱されているレジリエント(強靭)な都市づくりの観点に、COVID-19 の影響を踏まえた感染症への更なる考慮も必要との認識にたち、COVID-19 を中心とした都市計画と感染症に関する先行文献をレビューしています。また、途上国都市を念頭に置いたポスト・コロナの都市のレジリエンスを考察する上での論点や今後の研究課題を提示しました。

    Add to ORCIDorcid
  • publication . Research . 2022
    Open Access Japanese
    Publisher: 森ノ宮医療大学 紀要編集部会

    Objective: To compare students and graduates in terms of consciousness and behavioral changes before and after the occurrence of COVID-19.Methods: Quantitative analysis of responses to a questionnaire that asks about changes in consciousness and behavior before and afte...

  • publication . Research . 2022
    Open Access Japanese
    Publisher: 森ノ宮医療大学 紀要編集部会

    【Purpose】The purpose of this study was to evaluate the results of self-administered questionnaires filled out by nursing students during the afternoon practical training, and to examine how the nursery training should be conducted in the next and subsequent years.【Metho...

  • publication . Article . 2022
    Open Access Japanese
    Publisher: 千葉医学会

    [要旨]2020年5 月1 日から12月31日までの期間に,当院にて入院管理を行ったCOVID-19の小児患者39例について後方視的に検討した。年齢は0 歳10か月から13歳5 か月と幅広く,性差はみられなかった。感染経路は周囲の成人からの感染が全体の約75%と多くを占めていた。一般的に小児のCOVID-19は重症化しにくいと言われており,当院においても約半数は無症状であり,症状があったとしても多くは対症療法のみで自然軽快し,人工呼吸管理を要する重症例は見られなかった。在院日数は最短3 日,最長11日で中央値は7 日間であった。ただ,...

  • 新型コロナウイルス感染拡大の中、様々なストレスが人々を苦しめている。本研究では、異なるパーソナリティが新型コロナウイルス感染拡大の異なる側面にストレスを感じ、それに応じて異なるコーピングを行っていると予測し、因果・媒介モデルを検討した。第1 の仮説は、外向的な人は自粛生活への欲求不満によってストレスを感じ、発散的なコーピングを行うというものである。第2 の仮説は、正義感の強い人は自粛期間中の公平性、公正性を欠く行動にストレスを感じ、SNS 利用やネットニュースを閲覧する時間が増えるというものである。第3 の仮説は、不安の強い人は感染へ...

  • This study clarified the effects of exercise habits on the body composition and physical fitness of general male and female university students in 2021, who are forced to refrain from activities due to the COVID-19 crisis. The subjects were 158 male students (19.0 ± 1.0...

  • In this paper, it conducted a comparative study of different levels of involvement in the marathon, using the case of a marathon with the unique characteristic of having more than 50.0% of participants with low interest in the marathon. The purpose of this study was to ...

  • publication . External research report . 2022
    Open Access Japanese
    Persistent Identifiers
    Publisher: School of Economics, University of Toyama

    COVID-19によるパンデミックが始まって以来、テレワークは急速に普及した。その最大の理由のひとつは、新型コロナウイルスに対する感染予防措置の一環として、在宅勤務型テレワークが強く推奨されるようになったからである。パンデミック渦中に実施されたさまざまな調査報告によれば、テレワークが最も広く実施されていた時期には正規雇用労働者の3割前後がテレワークに従事していたという(パーソナル総合研究所, 2020, p.13・(リクルート住まいカンパニー, 2020, p.2など)。しかしながら、パンデミック以前、国内におけるテレワークに従事者は...

    Add to ORCIDorcid
  • publication . Research . 2022
    Open Access Japanese

    " In the first half of 2021, Osaka International College Junior College, 2nd yearchildcare department, practical skill ""Piano individual lesson"" in music subject""Music Ⅱ"", lecture/practical exercise ""Music theory(code name and musicarrangement method)"" We report o...

  • Due to the global spread of the COVID-19 pandemic, almost all universities have introduced online education. We need support for faculty members who are not familiar with online education. There has been some provision of training and information mainly by faculty membe...

1,353 research outcomes, page 1 of 136